レインウェアの透湿性・透湿度とは?

透湿性(単位g/u-24h)とは、生地1uあたり24時間で何gの

水分を透過できるかを表します。

体を防水素材で覆うと、汗で濡れ・ムレも生じてしまいますが、

透湿性生地を使用したレインウェアは、雨の内側への侵入を防ぎつつ、

体から出る汗や水蒸気を外に逃がす機能を持っています。

この数値が高ければ高いほど、発汗して出た水蒸気を生地の内部から

外へ逃がすことにより、ベタつきやムレを感じにくくすることができます。

2層(2レイヤー)、2.5層(2.5レイヤー)、3層(3レイヤー)の生地とは?

2層(2レイヤー)素材を使用したレインウェア

 はっ水加工を施した表地の裏面に防水コーティングを施した

 防水生地を使用しています。通常、生地内側には、着用時に

 ベタつきを感じにくくするためのメッシュが縫い合わされて

 おり、かさばりやすく着脱時に不便さを感じることもありますが、

 価格は比較的なもの安価が多いです。


2.5層(2.5レイヤー)素材のレインウェア

 防水加工を施した生地(2レイヤー)の裏面に、多くの場合

 プリントのラミネートを施した生地を使用しています。

 内側にメッシュを貼らなくてもベタつきが少ないため、

 軽量で着脱がしやすいものがほとんどです。

 3層素材より生地の仕上がりが柔らかくコンパクトにまとまり、

 アウトドアでのレイヤリング(重ね着)にも最適です。

名称未設定-2.jpg

 
3層(3レイヤー)素材を使用したレインウェア  

 防水透湿素材を表地と裏地で挟んでラミネートしているため、

 優れた耐久性と快適な着心地を持ち合わせた高機能素材です。

 その分高価格なものがほとんどです。(例:ゴアテックス)

リップストップとは?

パラシュートにも使用される、裂け目を止めるため

格子状に糸が織り込りこまれる生地の総称。

リップとは英語で裂けるという意味で、糸を格子状に織り込むことで強度を上げ、

また裂け目が太い糸の部分で止まり広がるのを防ぎます。

リップストップ.jpg
 

レインウェアの素材で使われるナイロンとポリエステルの違いとは?

ナイロンもポリエステルも合成繊維の一種です。

ナイロンは軽くて摩耗と引き裂きに強く、伸縮性が高いのが特徴です。

ポリエステルは耐熱性があり衝撃に強く速乾性に優れ、

洗濯による伸びが少ないのが特徴です。

ポリエステル製よりナイロン製のレインウェアの方が高価格である場合がほとんどです。