2016年12月より衣類の『洗濯マーク』が変わります。

2016年12月1日からJISとISOの統合が図られ、JISのマークは新しいJIS L 0001(「新JIS」)へと変更されます。
国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取り扱いの絵表示を変更する必要がなくなります。
新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになります。
尚、施行日前に生産した商品については現行JISの表示のままとなります。

新ケアラベル例.jpg

◆詳しくは内容は消費者庁サイトよりご確認下さい。

※お手入れは商品縫い付けの洗濯表示に従って下さい。

2016年11月16日